Second hand sales

料金を払わずに中古漁船を処分する方法を伝授

専門業者から買い取るべし

選ぶときのポイント

貯金箱

漁業に従事するといっても、遠洋漁業に従事するのか、近場で漁業を行うのかによって、働き方は大きく変わってきます。
遠洋漁業にでる場合は、燃料の関係から、大型船に多くの漁師が乗り込んで仕事をするのが一般的です。
そのため、遠洋漁業を行う漁師は船を所持していないことが多いです。
一方、沿岸などの近場で漁業を行う場合は、個人事業主として船を持つ人も多くいます。
浅い沿岸部では、小回りの利く小さな漁船が便利なためです。
漁船は高いので、最初は中古漁船を選ぶ人が多いです。
中古漁船の買い方には、個人から買う方法と専門業者から買う方法があります。
個人から買うのは、知りあいになった人から直接買う、オークションや仲介サイトを通して買うといった方法があります。
かなりの割安で変えることもありますが、中古漁船の状態には個人差が大きく、トラブルとなるおそれも高いです。
そのため、信頼できる人から買う場合以外はあまりおすすめできません。
おすすめなのは中古漁船専門業者から買うことです。
劇的に安くはなりませんが、妥当より安いくらいの金額でできます。
また業者のもとで状態の点検はされているため、品質についてはある程度信頼がおけます。
トラブルになるリスクも少なく、運搬なども頼めることが多いです。
中古漁船は劣化が激しくなりがちなため、なるべく信頼できるところから購入するのがおすすめです。
買うときは実地で確認することも忘れないようにしましょう。

注目度の高い商品

お金

高収入に魅力を感じて、漁業の分野で働きたいと考える若者が増えており、独立を目指して地道に貯蓄をしている人も多いです。
そして水産系の高校を卒業した後、漁船に乗り込んでカツオ漁やサンマ漁などに従事するのが、静かなブームです。
このように若い世代が積極的に漁業に従事する一方で、仕事がしやすい船を手に入れることが、経営者にとっては大きな課題です。
複数の船を所有して大規模に漁業を営んでいる経営者は、新造船を積極的に発注していますが、個人経営の場合には中古漁船を購入するのが一般的です。
小型船に特化した検索サイトも充実しているので、初めて購入する時でも、すぐに手ごろな中古漁船が探せるでしょう。
またオークションサイトを活用するのが、格安に中古漁船を手に入れる最善の方法であり、特に50万円前後の船が評判です。
しかし整備の行き届いた中古漁船を購入したい場合には、売買実績が豊富な専門業者の取り扱い商品に注目するべきです。
専門業者が販売する中古漁船の価格は、100万円台や200万円台が中心ですが、船体や付属機器の状態はとても良好です。
しかも必要に応じて艤装工事を行ったり、オーバーホールをして丁寧に修理をするなど、手厚いサポートも受けられるでしょう。
更に業者の倉庫などで、実際に中古漁船の現況を確認してから、価格などの取引条件について交渉を進めることも可能です。
こまめに船を仕入れている専門業者であれば、希望するメーカーの中古漁船を買いたいときにも役立つでしょう。

買取サービスの利用

漁船

漁業で高い利益を出すことができるかどうかは、漁船の性能で決まると言っても過言ではありません。
そのことから多くの漁業従事者が、より高性能な漁船への買い替えを、積極的に行っています。
当然それまで使用していた漁船は手放すことになるのですが、処分するには多くの費用がかかります。
そのため近年では、中古漁船として専門業者に買取をしてもらうという漁業従事者が増えています。
一般的な中古品の買取は、業者のもとにそれを持ち込むという方法で行われています。
しかし中古漁船の場合は、個人で持ち運ぶことは簡単ではありません。
そのため中古漁船の買取は、出張買取という方法でおこなわれることがほとんどです。
業者が中古漁船の係留場所まで出向き、その場で査定をするのです。
そして売る側が査定結果に納得できた場合に、印鑑証明書などの必要書類をそろえて提出することで、買取が成立するという流れとなっています。
中古漁船の中には、古くなっていたり故障していたりといった理由で、買取対象となりにくいものもあります。
そのような場合でも、解体の技術や設備を有する業者に依頼すると、買取可能となることがあります。
エンジンなど、使うことのできるパーツを取り出し、買取してもらえるのです。
買取対象とならなかったパーツについては処分してもらえますし、その費用は買取代金から差し引かれます。
自力で中古漁船全体を処分する場合と比較すると、手軽な上に費用負担が少なく、買取代金によってはむしろプラスになることもあります。
そのため中古漁船の買取サービスは、多くの漁業従事者に頼りにされています。

専門業者から買い取るべし

貯金箱

沿岸部で漁業を行う人は漁船を保持することも多いです。漁船は高いので中古漁船を選択する人も多くいます。中古漁船を買うときは個人から買うよりも専門業者から買うのがおすすめです。値段は妥当性があり、状態について信頼がおけるためです。

もっと読む

転職して漁師になる

漁船

中古漁船であれば、お買い得な値段で漁船を購入することができます。中古漁船を買う時には、一度現物を見ておくといいでしょう。試乗や見学をさせてくれる業者もあるので、中古漁船で検索するなどして、自分が求めている漁船を扱っている業者を探してみるといいでしょう。

もっと読む

持ち主の扱いで変わる

男の人

中古漁船は割安な価格が魅力ですが、一方で経年劣化など、船の状態は気にしなくてはなりません。前オーナーがどのような状態で保管していたのか、エンジンのメンテナンスはきちんと行われていたのかなどを購入の際にチェックするようにしましょう。

もっと読む