Second hand sales

料金を払わずに中古漁船を処分する方法を伝授

転職して漁師になる

人生一発逆転

漁船

現在の仕事に満足していない。
今の仕事は自分に向いていない。
もっとガッツが必要な現場での仕事がしたい。
いろんな人がいると思いますが、中には、漁師になりたいと考えている人もいます。
漁師を目指そうとした場合、漁へ出るための漁船船が必要となります。
しかし、漁船というと何千万円の費用を準備しなければならないというイメージがあります。
ところが、漁船をお買い得な値段で買うこともできるのです。
中古漁船であれば、新品のものよりもずっと安い値段で買うことができます。
中古の車と同じですよね。
自分の欲しい型の中古漁船があれば、資金に心配がある人にもハードルが低くなるのではないでしょうか。
中古漁船を買うときには、一度現物を見ておくといいでしょう。
試乗や見学をさせてくれる業者もありますから、中古漁船で検索するなどして、自分が求めている中古漁船を扱っている業者を探してみるのがいいですね。
また、中古漁船は、新しく漁師を始める人だけでなく、すでに漁師として仕事をしている人にもおすすめです。
また、跡継ぎに船を買ってあげたいけど新品を購入する余裕がなかったり、自分は自分で漁に出るから、漁船を跡継ぎに譲ることもできなかったりと様々な悩みを抱えている人も多いでしょう。
そういう方にも、中古漁船はおすすめです。
中古であっても、きちんと手入れがされているものや、使用年数が短く、お買い得なものはあります。
自分で情報収集をして、自分の求める漁船を購入してみてください。

手頃な価格で購入できる

電卓

中古漁船が人気なのは手頃な価格で購入できるからです。
それに、中古の方が使いやすいという人も居ます。
もちろん、目的や用途によって購入する規模は違ってきます。
その点も考えた上で適切な中古漁船を探してみましょう。
購入するには、当然、中古漁船販売業者を利用することになります。
いろいろあるので、価格や対応の良さなどを比較してみましょう。
品数豊富なところで選んだ方が選びがいがあってお勧めです。
また、最近はインターネットでも選択できるようになっています。
不動産会社のサイトで不動産選びをするような感覚で、ネット上にて吟味できるところが便利です。
それから、漁師などが中古漁船を購入するにしても、最近は小規模化してきています。
漁師になりたいという後継者が少なくなってきているからです。
昔のように、大きな漁船でたくさんの乗組員を乗せて漁に出ることはなくなってきています。
そうすると、小規模な漁船でも十分です。
2から3名程度が乗れるような小型の漁船なら、価格も安くなります。
さらに、それが中古なら、もっと安く手に入れられるはずです。
このような現状となっていることもあり、中古でも小型漁船が人気です。
小型なら、釣りに行きたいという一般人にとっても手頃に利用できます。
釣り好きな人が数名でお金を出し合って中古の小型漁船を購入するというのも多くなってきているのです。
上記のように、様々な理由で中古漁船を購入する人が増えてきています。

準備や必要書類

貯金箱

中古漁船の買取は、仮査定から始めることが一般的となっています。
中古のブランド時計や古本などと比較すると、中古漁船はサイズが大きいため、そのものを直接査定するには手間暇がかかるからです。
そのためまずは、その中古漁船のメーカーやサイズや使用年数といった基本情報、そして写真から、仮査定を行うのです。
本査定と異なり、これらはインターネットなどを利用することで手軽に行うことができます。
そしておおよその買取価格をオーナーに伝え、了承を得ることができた場合に、改めて本査定をするのです。
本査定は買取業者が係留施設まで足を運んで行うことになるので、その場所によっては出張費が発生します。
また、仮査定と異なり細部までチェックするため、汚れなどによっては買取価格が仮査定時よりも低くなることがあります。
したがってオーナー側は、その点も考慮して、近場の業者を選んだり、漁船内を清掃したりすることが大事です。
本査定の結果にもオーナーが納得できた場合は、買取の手続きを進めていきます。
オーナーは、買取申込書と、本人確認や住所確認ができる書類、船舶検査手帳といった必要書類を揃え、業者に提出します。
業者はそれらを確認し、問題なかった場合にはオーナーに代金を支払います。
また中古漁船は、エンジンの故障などにより動かないこともあります。
このような場合には、解体してパーツの中から使えるもののみを取り出し、買取をすることも可能となっています。

専門業者から買い取るべし

貯金箱

沿岸部で漁業を行う人は漁船を保持することも多いです。漁船は高いので中古漁船を選択する人も多くいます。中古漁船を買うときは個人から買うよりも専門業者から買うのがおすすめです。値段は妥当性があり、状態について信頼がおけるためです。

もっと読む

転職して漁師になる

漁船

中古漁船であれば、お買い得な値段で漁船を購入することができます。中古漁船を買う時には、一度現物を見ておくといいでしょう。試乗や見学をさせてくれる業者もあるので、中古漁船で検索するなどして、自分が求めている漁船を扱っている業者を探してみるといいでしょう。

もっと読む

持ち主の扱いで変わる

男の人

中古漁船は割安な価格が魅力ですが、一方で経年劣化など、船の状態は気にしなくてはなりません。前オーナーがどのような状態で保管していたのか、エンジンのメンテナンスはきちんと行われていたのかなどを購入の際にチェックするようにしましょう。

もっと読む