Second hand sales

料金を払わずに中古漁船を処分する方法を伝授

漁船を買い取ってもらおう

業者を確認する

乗り物

漁船とはその名前からも分かるように、漁業を行う際に必要となる専用の船の事を言います。
漁業を行うという事はそれなりの重さに耐えられる、丈夫な船である事等が求められる事になります。
また魚を獲るために必要なライト等の装備が求められる事があるので、専用の船を用いて漁をする事になるのです。
しかし漁船も長く使っていると故障等の問題が発生する事があり、中には修理が困難なケースも出てきます。
また現在使っている漁船に問題がなかったとしても、もっと大きな漁船への変更が必要になるケースも珍しくないです。
こういった場合には今まで使ってきた漁船を手放す事になるのですが、その際の処分方法として廃棄が基本的な選択となります。
しかしまだ問題なく使える漁船の場合には、廃棄という形での処分に勿体なく感じる人も少なくないです。
こういった場合には廃棄という選択をするのではなく、中古漁船の専門業者に買い取ってもらうのが有効な方法だと言えます。
現在では日本各地にこうした中古漁船を買い取ってくれる業者が多くあり、業者が近くにないという問題が起きる事は少ないです。
ただし実際に中古漁船の買い取りを希望している場合には、複数の業者を比べてみて依頼先を選ぶ事が大切になります。
例えば漁船は5トン未満か以上か等で種類が分けられている事が多く、それぞれの業者がどういった種類を買い取ってくれるか確認する事が重要です。
また中古漁船の状態をきちんと見て査定して、それぞれ個別に買取価格を提示してくれる業者を選択するのも大切なポイントだと言えます。

スムーズな交渉にも役立つ

船

中古漁船を買い取り査定に出したり顧客に販売する場合、的確な準備を行う事で査定額のアップに繋がり、販売に際しての交渉などもスムーズに進められます。
まず、販売対象となる中古漁船のスペックをはじめとした、各データを明確にしておくと良いです。
船のサイズや年式はもちろん、エンジンのタイプや使用状況などもまとめておきましょう。
特にエンジンの状態は大切で、アワーメーターや燃料の種類、実際の燃費や消耗品交換の頻度などを明らかにします。
また、艤装品に関しても細かな情報を開示する事で、査定額がアップしたり、買い手が見つかりやすいなどのメリットがあります。
中でも、どのような電装品を艤装しているかは重要です。
電装品は、電源を入れて確実に作動するか確かめましょう。
もしデッキライトやアンカーウインチなど、作動しない電装品があればその原因を明らかにしておくか、中古漁船として販売する前に修理しておくと良いです。
このほか、船舶検査証の有効期限や航行可能区域などの、基本的な情報の整理も大切です。
最後に、業者の査定担当者や買い手に実際の中古漁船を見せる前には、艇体を丁寧に洗っておく事も忘れてはなりません。
ハルやデッキはもちろん、トイレルームやシンクなども綺麗にしておきましょう。
特に船内機艇や船内外機艇では、可能であればエンジンルーム内部を掃除しておくと良いです。
ビルジやコケ、オイル汚れを丁寧に落としておくと、見た目の印象が格段にアップするのです。

状態を詳しくチェック

財布

漁船やボートといった船関係の乗り物は、自動車などの陸を走る乗り物より遙かに高額であるという特徴があります。
最低でも数百万円、高いと何千万円にもなります。
ごく小さな個人用のものでも数百万円はします。
そのため、初心者に近い人や費用を抑えたい人は中古漁船を選ぶことが多いです。
中古漁船を選ぶときは、状態を詳しくチェックする必要があります。
中古漁船は、自動車と違うポイントをチェックしなければなりません。
個人売買と買取業者からの購入がありますが、個人売買は大きなリスクがあるため、買取業者など専門業者から買うのがおすすめです。
状態チェックの基本として、中古漁船や中古ボートなど水上の乗り物は、水上で保管するという特性があります。
漁船だとたいていは海でしょう。
海では潮風と塩水、波による衝撃と揺れが常に存在し、陸での保管よりも早い速度で劣化していきます。
しかも劣化していく部分は水に浸かっている部分が多いので、ぱっと見ではわかりません。
劣化具合をチェックするときは、エンジン、ボディ、使用時間を確認しましょう。
エンジンは船の肝となる部分です。
きちんと動くか、変な音や匂いがしないか確認しましょう。
ボディはひび割れがないかをチェックします。
よくみないとわからないひび割れもあるので入念にチェックしましょう。
使用時間は車の走行距離にあたるものですが、車と違いメーターがないので、確認しなければなりません。
この点についてきちんと答えられる業者を選ぶのもおすすめです。

専門業者から買い取るべし

貯金箱

沿岸部で漁業を行う人は漁船を保持することも多いです。漁船は高いので中古漁船を選択する人も多くいます。中古漁船を買うときは個人から買うよりも専門業者から買うのがおすすめです。値段は妥当性があり、状態について信頼がおけるためです。

もっと読む

転職して漁師になる

漁船

中古漁船であれば、お買い得な値段で漁船を購入することができます。中古漁船を買う時には、一度現物を見ておくといいでしょう。試乗や見学をさせてくれる業者もあるので、中古漁船で検索するなどして、自分が求めている漁船を扱っている業者を探してみるといいでしょう。

もっと読む

持ち主の扱いで変わる

男の人

中古漁船は割安な価格が魅力ですが、一方で経年劣化など、船の状態は気にしなくてはなりません。前オーナーがどのような状態で保管していたのか、エンジンのメンテナンスはきちんと行われていたのかなどを購入の際にチェックするようにしましょう。

もっと読む